リサイクルについて | 海外と日本でのリサイクルの仕方を徹底調査!

日本と海外のリサイクル事情

日本と他の国ではリサイクルはこれだけ違う

リサイクルの基本

まずは、リサイクルとはなんなのかということをお書きしたいと思います。

リサイクルという言葉を直訳しますと、「再循環」という意味になります。
まさにその言葉の通りの行為ですよね。

では、リサイクルのやり方とはどういったことをするのでしょうか。
基本的には、廃棄したりそのままゴミとして捨てたりするようなものを、再び使えるようにして、新たな製品の原材料として利用してまた商品として生まれ変わらせるという一連の行動をリサイクルと称しています。

ちなみに、その他には減量を意味する「リデュース」、再使用を意味する「リユース」と合わせて、「3R」と呼ばれています。
このように、地球にとっていいことをするのがそう呼ばれているということですね。

リサイクルの種類

では、リサイクルに存在している種類について見ていきたいと思います。

その種類は、大きく分けて3つありまして、それぞれに取り扱っているものも変わっていきます。

まずは、ケミカルリサイクルというものです。
これは化学製品を再びリサイクルし、原料として再利用していくということです。
結構専門的なことをしていますね。

次は、マテリアルリサイクルというものです。
これはさまざまな素材を一旦リサイクルし、また素材として再利用していくことです。
もしかすると、最もポピュラーな方法かもしれませんね。

最後は、サーマルリサイクルというものです。
これは素材を熱原料として再利用していくということです。
今後はもしやこの方法が主流になっていくかもしれませんね。


この記事をシェアする