海外はこんな感じ | 海外と日本でのリサイクルの仕方を徹底調査!

日本と海外のリサイクル事情

海外ではこういったリサイクルをしている

一番リサイクルに長けている国は?

ここで気になったのですが、世界で最もリサイクルに長けている国とはどちらでしょうか。
答えは、スウェーデンです。
もはやリサイクルに関しては世界一とも言えるでしょう。

そんなスウェーデンでは、一体どのような方法でリサイクルを行っているのでしょうか。
一例を挙げますと、燃えるゴミを利用して暖房を発生したりお湯を湧かしたり、さらには電気も作ったりします。
また、汚い泥からバイオガスを作り、それを国民が使うガスや燃料に回したりしています。

驚きなのが、あまりにも国を挙げてリサイクルに力を入れているので、ついには隣国からゴミをもらっているとのことです。
たかだかリサイクルにここまでするなんてびっくりですが、だからこそスウェーデンが栄えているのかもしれませんね。

こんな国もある

前出のスウェーデンといい勝負なくらいリサイクルに力を入れている国が存在しています。
それは、デンマークです。
こちらの国のリサイクルも相当見ものですよ。

デンマークの場合、地域ごとにリサイクルセンターが多数存在しており、ほとんどの国民が利用しています。
なぜ利用しているのかと言いますと、なんと持ち込み料は国の税金として徴収されているのです。
なので、むしろ利用しないと逆に損になってしまうのです。
そして、この方法があるので不法投棄も減少傾向にあります。

さらには、日本同様にスーパーマーケットに回収BOXが設置されているのですが、こちらを利用すると、嬉しいことに買い物代金を割り引いてくれたり現金が返って来たりもするのです。


この記事をシェアする